医療現場の業務効率を上げる電子カルテの導入メリット!

男女

進出の仕方は様々

ビル

香港での会社設立の方法は、いくつかに分けることができます。まずは現地の法人として登録する方法です。これが一般的な会社設立となり、新規に香港で事業を行う際に活用される事業形態です。また既に日本で事業を行っており、香港での業務は日本の支社として活用したいという場合には支店として登録を行うことになります。どちらの場合も、会社として営業を行うことが可能になっています。もうひとつは現地の調査などを行うために事務所として駐在員を派遣する形のものです。こちらはシンガポールなどでの営業ができないため、なんらかの営業を行うつもりであれば支店か法人として会社設立を行う必要性があります。どのような形態で会社設立を行うとしても、香港での手続きを済ませなければなりません。基本的には就労ビザの取得や、会社を作るための申請などが必要になります。現地で本格的に活動を行うのであれば、現地で口座などを作る必要もあります。香港での会社設立までの時間は他の国に比べてスピーディーですが、いろいろな準備を含めれば数ヶ月程度は余裕を持っておきましょう。香港で会社を作った場合には、香港の税制が採用されますので日本に比べて法人税が安くなり有利な取引が可能になります。これらのメリットを踏まえて、香港で起業を考える日本人も増えているのです。実際に香港では多くの外国人が事業を行っています。香港で会社設立をする場合ですが、右も左もわからない状態で始めるとリスクが大きいのでサポート会社を利用するようにしましょう。経営のサポートをしてもらうことで、日本とは違う経営の仕方を学んでいくことができると考えられます。